南森町駅から徒歩1分の完全オーダーメイドの治療を行う整体院!

パーソナルコンディショニングサロン癒しの手


間食がやめられない方へ

46a876097a523e7b0136405286b553ff_s.jpgダイエット中の悩みですぐお腹が減ってつい間食してしまうことってありませんか?実はこれにはさまざまな理由があります。自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

1.そもそもお腹は減っていない
日ごろから間食が多い方は常に満腹であることに慣れてしまい、少しでも満腹感がなくなった状態を空腹と感じている場合もあります。まずは間食したくなった時に一度落ち着いて自分の感覚と向き合ってください。間食が習慣になっている方は1日5食の生活リズムが1日3食になると、脳と身体が適応できず、最初はストレスかもしれませんが、1週間ほど頑張れば新たに3食のリズムが形成されてストレスはなくなり3食が快調になります。苦しいのは今だけで、乗り越えた時は自分の理想のスタイルと理想の生活リズムが手に入ると考えましょう。

2.心の欲求が満たされていない
エモーショナルイーティング(感情的な食欲)といって「過食」の問題に心が絡んでいることもあります。欲求が満たされていないのを手軽に満たすことのできる食欲で、代替えするのです。ストレス解消のためのやけ食いとは違い、自分が今やりたいけどできていないことや、ほしいものなど自分の心と向き合い食欲以外で満たしてあげましょう。

3.適切な栄養素を摂取できていない
甘いものたくさん食べてしまう習慣がある方は血糖値が急激に上昇して、インスリンの大量放出を促し、結果的に低血糖を引き起こす可能性があります。低血糖は空腹感を喚起し、また甘いものがほしくなるという悪循環に陥ってしまいます。また、甘いものでお腹がいっぱいになってしまい、他の栄養素を摂取できなくなってしまいます。特に不足しがちなたんぱく質と水やお茶などの水分を摂取することにより、身体は満たせれ無駄にお菓子など食べなくて済むようになります。

3つのポイントを端的にまとめると、心と身体の欲求を満たしてあげることを1週間ほど意識して実践すれば間食の習慣から脱却できるので試してみてくださいね。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パーソナルコンディショニングサロン癒しの手のご案内

住      所:
〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10-607 ゲストハウス大阪
アクセス:
南森町駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
070-4452-8877
受付時間:
10:00~22:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ