南森町駅から徒歩1分の完全オーダーメイドの治療を行う整体院!

パーソナルコンディショニングサロン癒しの手


健康と体づくりのためのベストフードpart2

d388b71e77c7ac1dc9dc649c3ca0ab65_s.jpg健康と体づくりのためのベストフードの第2弾です。今回はたんぱく質を豊富に含み、かつ栄養価の高い食物を中心に解説しています。


たんぱく質の重要な摂取源であり、ビタミン・ミネラルもバランス良く含まれています。コレステロールが高いというイメージがある方もいるかもしれませんが、近年の研究では卵は血中コレステロール値を上げないことがわかっています。卵に含まれるレシチンは脂肪の代謝を助け、コレステロールの血中移動を助けるコリンを豊富に含んでいます。コリンは脳の健康を保つ働きを持つ物質であり、目の機能を保つ抗酸化物質も含まれています。手ごろな価格で買えるのもいいですね。

チーズ
カルシウムが豊富で、研究によると食品からたくさんのカルシウムを摂取することはインスリン耐性を防ぐ可能性があることが明らかになっています。また、ある研究によるとたくさんの乳製品を摂取する女性はメタボリックシンドロームを発症するリスクが著しく低いことが示されており、これは糖尿病、心臓血管疾患の予防にも関連します。しかし敏感の方は多く摂取すると片頭痛やアレルギーを起こすリスクもありますので、注意も必要です。

豆類
大豆やひよこ豆、レンズ豆、いんげん豆などさまざまな種類がありますね。豆類には心臓疾患を防ぐイソフラボンを含む、重要な植物科学物質が多く含まれています。さらに豆類にはコレステロールを低下させるのに役立つサポニンや抗がん特性およびコレステロール低下特性のある植物ステロールが含まれています。ダイエットにも効果的で豆類を1品目食べることで、食物繊維が胃を満たしてより早く満腹感が得られます。研究によると豆類を食べることにより肥満の危険性は22%低下するといわれています。

いかかでしたでしょうか?どこでも手に入り値段も手ごろな食品を中心に紹介しました。体づくりの参考にしていただけたら幸いです。


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パーソナルコンディショニングサロン癒しの手のご案内

住      所:
〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-10-607 ゲストハウス大阪
アクセス:
南森町駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
070-4452-8877
受付時間:
10:00~22:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ